首の痛み

首の痛み 首にある筋肉は、一つ一つが小さく細かい動きが得意な反面、重さには弱いという弱店があります。 重い頭を支え、姿勢にも関与するため固まりやすいです。 首の筋肉は、首が他の部位に比べ細い為、一般の人からすると細いイメージがあります。 実は首回りの半分が筋肉でできています。 その為、筋肉の損傷が痛めた時に非常に痛いのです。 また、体重の10%もの重さがある頭を支えながら動かしているので、筋膜が捻れたり固まったりする のも当然と言えます。 しかも、首の筋肉をくまなく動かす機会は、意外と少ないのです。 筋膜が硬縮し首の血流が妨げられると、頭にも栄養や酸素がスムーズに行き渡りません。 結果、思考力の低下や立ちくらみ、頭痛、めまいを起こす人もいます。 筋肉をしっかりほぐせば酸素と栄養がしっかり届き、頭もスッキリします。 関係する筋肉 斜角筋 胸鎖乳突筋 頭・頸最長筋 僧帽筋上部 肩甲挙筋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)